読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

富久心 純米吟醸 生原酒 きなせオリジナル(椎名酒造・日立市)

富久心

f:id:ishizawa369:20130511165209j:plain

限定という言葉に弱い。

昔から初回限定とか言われると、もう絶対買わなきゃ損と思ってしまう。

 

このお酒も限定品。

どんな限定かというと、きなせ酒店オリジナルの純米吟醸生原酒。

きなせさん専用のタンクで仕込んだ純米吟醸ってことだろう。 

このまえ行ったとき、ススメられて即買いっつう。

 

ちなみに、きなせ酒店の店構えはこんなかんじ。

場所は水戸葵陵高校の近く。

旧6号沿い。

f:id:ishizawa369:20130330135738j:plain

きなせさんのHPはこちら↓

地酒蔵 きなせ

HPの更新具合はイマイチ(笑)

で、実際にお店で取り扱ってる酒はHPの情報より多彩だ。

茨城ではきなせさんのところでしか扱ってない他県の蔵もたくさんある!

 

ちなみに焼酎のラインナップも充実している。

割とブログは更新してるみたい。

きなせ酒店のブログ

 

f:id:ishizawa369:20130511165148j:plain

さて、肝心のお酒の味わいについて。

限定品のよさなんて、普通のと呑み比べなきゃ絶対わからないだろう。

 ので、どのへんが限定な味わいなのかは正直わからないw

 

が、そんなことはどうでもよくて。

 

旨いんだよなー、やっぱり富久心。

 

簡単に言えば、香り高く、しかも芳醇な味わい。

 

上たち香はフレッシュな原酒の香り。

含み香はメロン様な吟醸香

甘味を思わせながら、すごく爽やかにかおる。

 

そこから芳醇な米の旨味が膨らむ。

この味わいが実に富久心っぽい。

そしてバランスのよさ。

キレもよい。

なんっつうかな、純米吟醸の原酒らしい造り。

 

栓を切ってから3日以降が香りも高まり酒質が向上する。

 

不思議だよな。

日本酒って日増しになんでこうも変化するもんなんだろう?

 

富久心に限らず、茨酒の純米吟醸は本当に水準が高い。

 

富久心は、特に県北地区の茨城人にとっては特別な酒だ。

あまりにも小さい蔵なので、県内でもほとんど流通していない。

ましては、県外なんて皆無に近い。

 

富久心を知らない日本酒ファンはたくさんいるだろう。

 

幸いなことに、僕は富久心をなんの苦労もせずに呑むことができる。

抱き合わせ販売や抽選、酒屋に通いつめる必要もない。

呑みたいときに呑める。

なんて贅沢なんだろうか。

 

香りの高さ:やや高め

味の濃淡さ;標準

純米吟醸らしい香り高く芳醇な味わい。原酒だけあってフレッシュさが心地よい。さすが、富久心だ。クオリティ高い。