読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

富久心 純米吟醸 にごり酒(椎名酒造・日立市)

f:id:ishizawa369:20130807091705j:plain

富久心パイナップル!

 

パインのような吟醸香が特徴。

にごり酒とあるが、滓がちょい混じってる程度。

あらばしりだからである。

 

さくら吟醸ってラベルが貼ってあるけど春に出荷されたから?

わりと季節の移ろいを大切にする僕ですが、その辺はご愛嬌で。

でも本当は暑いから生酒呑みたいってのが本心で。

冷酒が呑みたいとなると、原酒に走るのが手っ取り早い。

旨いし。

で、今まで呑んでなかったやつを酒屋さんでチョイスしてもらった。

 

f:id:ishizawa369:20130807091638j:plain

富久心を造っている椎名酒造、ほんとうに好きな酒蔵だ。

いいお酒を丁寧に造っている。

 

このお酒もよい。

含み香にパイン様の吟醸香がする。

が、そんなに強くもない。

あまり甘くもないしな。

パインフレーバーの後にお酒の味が膨らんでくる。

その辺が非常によい。

あらばしりにしては味が全体的にちょい淡麗な造りになっている。

悪くない。

 

例えるなら。

郷乃誉の黒吟、鳳凰美田の髭判。

って言えばわかって頂けるだろうか?

 

ただ、黒吟と比べると酸味が押さえられている。

髭判よりは香りが控えめ。

 

黒髭と比較すると派手さはない。

が、ゆえの富久心ってやつで。

 

派手な酒呑みたいときとそうでないときがあって。

 

落ち着きのある大人のパイナップル。

そんなときは夏だろうとこの一本に限るなと。

 

いや、何気に南国フルーツっぽい酒こそ夏なんじゃない?

って思ったりもするわけで。

来年は春に買っておいて夏に空けようかなと画策している。

 

香りの高さ:標準よりちょい高め

味の濃淡さ:標準よか気持ち淡麗

富久心パイン!大人のパイナップル!!