読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

武勇 純米吟醸 しぼりたて(武勇酒造・結城市)

f:id:ishizawa369:20131227141722j:plain

武勇のしぼりたて。

本生純米吟醸

 

フレッシュな呑み口。

爽やかな吟醸香

新酒っぽい荒々しさ。

フルーティな後味。

 

力強いと言ったらよいだろうか?

若々しい味?

エネルギーが溢れてるような。

 

口に含むと初めはわりと暴れるけど、

それでいて余計な味はなくて。

 

甘味と酸味、それから酒の旨味と辛味、

それぞれお互いに主張しあう感じで。

 

でも最終的には、

なんかバランス整っているな、と。

最後にとても綺麗な余韻が残るのである。

 

この辺がさ、さすが武勇、

うめーなと感じるのである。

香りもいいし。

 

f:id:ishizawa369:20131227142010j:plain

前にしぼりたて呑んだときの印象と、

だいぶ違って感じたのは味の濃さで。

 

「あれ?こんなに濃かったっけな?」

っていう。

 

思わず自分のブログ開いて、

前に呑んだ時の印象を確認しちまった。

 

武勇 純米吟醸 しぼりたて(武勇酒造・結城市) - 茨城の地酒を呑む

 

なんかもっとまろやかな、

吟醸って感じの酒だったよなー、と。

荒々しいところがなくて、

綺麗な印象だけが残っている。

 

多分、だ。

そう感じるのには2つ原因がある。

 

原因その1。

淡麗な霧筑波のあとに呑んだせい。

そりゃ、そうだよな。

明らかに濃いと感じるだろうな。

 

原因その2。

しぼりたて24BYは3月に呑み、

しぼりたて25BYは12月に呑んだ。

要するに4ヶ月という時間差が、

味わいの違いを作り上げた?

 

もっと簡単に言えば、

熟成が進んだってこと。

 

武勇の酒造りが大きくぶれることは、

あまりないだろうから。

今年と去年の酒が全然違う。

なんてことはそうはないだろう、と。

 

って、実は全然違う造りだったりして。

 

まぁ、いいや。

ごちゃごちゃ書いたけど、

ともかく、旨いからよいのである。

 

f:id:ishizawa369:20131227141855j:plain

とりあえず、だ。

本生とは百も承知で、

燗酒呑みたくなって。

 

もったいねーな、

とは思いつつも燗にしてみた。

 

燗にすると酸味が開いたのが、

僕的には意外な展開で。

へー、こうくるかって感じだった。

甘旨味が膨らむと思ってたから。

 

若い酒ってこうなるのかな?

熟成された武勇の酒とは真逆だ。

 

まぁ、でも悪くない。

普通に旨いし。

2合ぐらいは燗酒で頂いた。

 

しかし、武勇のしぼりたては、

やっぱり冷酒か冷やがいいかもな。

そのフレッシュさを存分に味わうのが、

オツだなと思った。

 

わざわざ燗にすることはないな、と。

 

f:id:ishizawa369:20130914163818j:plain

さて、このお酒が熟成されて、

来年の9月にひやおろしになる。

 

しぼりたてのフレッシュさと、

ひやおろしのまろやかさ。

 

師匠の安藤さんが言うには、

初鰹と戻り鰹だぜ、と。

 

なるほどな。

 

どっちが旨いか?

もちろんどっちも旨いわけだ。

味の性格が違うだけでさ。

 

2013年という区切りでは。

武勇の酒に関しちゃ、

24BYしぼりたてで始まり、

25BYしぼりたてで終わる、

という、そういう一年になった。

 

余計な話をすると、 

酒シーズンという区切りでは。

25BYしぼりたてが、

武勇の開幕酒になるわけだけど。

 

まぁ、ともかく。

武勇の酒が旨いってことが、

この一年でよーくわかった。

 

僕の茨酒武者修行において、

今年の最大の収穫は、

武勇の味を知ったことだな、と。

 

それもすべて安藤酒店さんのおかげで。

毎度よい酒を紹介して頂き、

本当に感謝している。

 

来年も、

もちろん武勇を沢山呑むつもりである。

 

【メモ】

◇香りの高さ:控 ・・★・・ 高

◇味の濃淡さ:淡 ・・・★・ 濃

◇甘味:★★

◇含み香:余韻にりんごの様なフレーバー

フレッシュな感じで力強い印象。けど、荒々しさの中にとても綺麗な酒の味がある。その辺がたまらない。