読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

霧筑波 ピュア茨城 特別純米 無濾過本生原酒(浦里酒造・つくば市)

霧筑波 ピュア茨城

f:id:ishizawa369:20140427115919j:plain

今更言うことでもないけれど。

僕は骨の髄まで霧筑波ファンである。

 

もちろん他の茨酒銘柄も大好きだけど。

 

家族との思い出が詰まってる分。 

霧筑波は特別で。

 

今後の人生、間違いなく。

節目を迎える度に霧筑波呑むのだ。

 

娘が嫁ぐ日に吞む酒は霧筑波だし、

棺桶に入れてもらうのも霧筑波だ。

 

ので、分かって頂けるだろうか?

この嬉しさ、が。 ↓ 

 

f:id:ishizawa369:20140427112149j:plain

ロットNo.001

 

ちょっと畏れ多いのではあるが。

 

実際は、すげーすげー幸せな気分。

 

コンビニをうろうろしながら、

思い出し笑いをかみ殺すような、さ。

 

なんて幸せなんだろうか、と。

 

安藤商店さんで購入したわけだけど、

001をわざわざ譲って頂いて。

 

ともかく、安藤商店さまさまで。

なんてお礼言ったらいいのか。

 

ほんとうにありがとうございました。

  

この四合瓶、一生とっておきます。

 

家宝にします。

 

f:id:ishizawa369:20140427112036j:plain

さてさて。

 

今年もピュア茨城の季節到来。

 

そんなわけで、

今シーズンの開幕投手は霧筑波。

 

たまらんね。

 

ピュア茨城シリーズには、

しずく・蔵なま・秋あがりがあり。

 

順に、無濾過生原酒・生酒・火入れで。

 

要するに同じ酒の醸造過程で、

異なる酒質を楽しめるっつう。

 

そんな感じ。

 

で、だ。

 

この霧筑波ピュア茨城はしずくってやつで。

つまりは無濾過生原酒である。

 

ラベルには本生って記載されてるけど、

意味は同じである。

 

f:id:ishizawa369:20140427115950j:plain

実は、霧筑波の無濾過生原酒をさ。

呑んだことがなくて。

 

なーんと初めてなのである。

 

間違ってたら、申し訳ないが。

 

通常出荷されている、

霧筑波のラインナップにおいては、さ。

 

僕の知りうるところだと、

無濾過生原酒は一切出してないと思われる。

 

この限定酒だけなんじゃないかな?

 

熟成をポリシーとする、

浦里酒造にとっては、レア的な。

 

f:id:ishizawa369:20140427115927j:plain

香り控えめ。 

クセのない綺麗でスッキリした味わい。

 

生原酒にしてはすごくクリアな印象。

 

微かに葡萄のような含み香。

そこは無濾過生原酒らしい感じ。

 

じんわりと拡がっていく旨さと、

原酒らしい力強いアルコール感。

 

が、無濾過生原酒の段階で、

割と柔らかい印象があって。

 

そうか、これが熟成すると、

霧筑波らしい、

あのまろやかさになるのか、と。

 

そんなこと考えてみたりした。

 

この後出荷される、

蔵なまと秋あがりを吞んで、

そのあたりを確かめるのが、

茨酒マニアとしちゃたまらないわけで。

 

楽しみだなって、ワクワクしてる。

 

f:id:ishizawa369:20140427112005j:plain

話長くなって申し訳ないが、

もう一言。

  

このお酒、

次女の入園祝いに吞んで。

 

特別な日に、特別なお酒。

 

まー、楽しかったなって。

 

人生の節目に霧筑波。

 

最良の思い出。

 

【メモ】

◇香りの高さ:控 ★・・・・ 高

◇味の濃淡さ:淡 ・★・・・ 濃

◇甘味:微

◇含み香:葡萄様

スッキリした呑み口から広がる旨さ。家宝。

 

ibazake 安藤商店で購入