読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

来福 純米吟醸 愛船二〇六号(来福酒造・筑西市)

来福

f:id:ishizawa369:20150816205925j:plain

来福の必殺技。

 

レア米純吟。

 

愛船二〇六号とは。

 

愛山の叔父だか叔母にあたる米らしく。

 

1960年代には作付けされなくなった。

 

幻の酒米

 

らしい。

 

その幻がこうして。

 

一升瓶に詰まっている。


はっきりと存在している。


アルコールに姿を変えて。

 

f:id:ishizawa369:20150816210253j:plain 

スピッツの渚じゃないけど。

 

酒をコップに注いだ瞬間に。

 

幻よ醒めないで。

 

ついでに酔いも醒めないで。

 

なんて、思ってみた。

 

どんな風に愛船米が栽培されてるのか。

 

全く想像できないのだが。

 

きっと、心ある農家さんが。

 

だいじに愛船を栽培してるんだろう。

 

f:id:ishizawa369:20150816210656j:plain 

火入れの純米吟醸

 

って、久々に呑む気もする。

 

上立ち香から薫るミルキーな甘さ。

 

含み香は果実様の甘味。

 

からの。

 

酸味とアルコール感。

 

が、後味を辛く感じさせる。

 

トータルな印象としては。

 

甘い。

 

が、くどくなく。

 

若干淡麗めにも感じる。

 

日増しに美味くなる。

 

あと引く呑み口。

 

f:id:ishizawa369:20150816210235j:plain

カーネーションの花酵母で。

 

醸されてるそうで。

 

故に、ラベルが赤なんだろう。

 

そういや、さ。

 

カーネーション花言葉って。

 

「愛」

 

だったな、と。

 

愛船に掛けて。

 

カーネーションなのか?

 

それとも、発酵上の相性が。

 

たまたま、さ。

 

カーネーション酵母だったのか?

 

その辺は、謎だけど。

 

まー、ちょっと。

 

気に入っている。

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・・★・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・★・・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・・・★・ 甘

◇含み香:果実っぽい甘い香り

レア米。純米吟醸らしい磨かれた美酒。

 

ibazake 安藤商店で購入