読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

霧筑波 特別純米(浦里酒造・つくば市)

f:id:ishizawa369:20150820154610j:plain

ゆるゆると、霧筑波で晩酌してたら。

 

唐突に、うちの次女が。

 

「大きな夢ってどんな夢?」

 

なんて言うもんだから。

 

かみさんとふたりで。

 

「えー!っとねー…」

 

と、若干あたふたして。

 

かみさんが、ちょっと詰まり気味に。

 

「大統領になるとか?」

 

って切り返した。

 

娘が、「ふーん…」

 

みたいな感じだったので。

 

「じゃ、お前の夢は何?」

 

って聞いたら。

 

「アイスクリーム食べること」

 

だそうで。

 

年中さんらしい愛娘だな。

 

と、思いつつ。

 

「ということは、大きな夢ってのは」

 

「大きなアイスをたくさん食べることだよ」

 

って、言って聞かせたら。

 

「アイスいっぱい食べたらお腹壊すでしょ」

 

って、返された。

 

f:id:ishizawa369:20150820154801j:plain 

いったい誰だ?

 

この娘にリアリズムを植え付けたのは?

 

俺かな?

 

ともかく。

 

「大きめなアイスをひとつ食べたいなー」

 

ってのが、次女の大きな夢だそうで。

 

思わず。

 

なんなら今からパパと一緒に。

 

アイスクリーム買いに行くか?

 

スーパーカップでいいだろ?

 

と、言ってしまいそうだった。

 

おっと、気付けば。

 

何味のアイスが食べたいのか?

 

を、聞きそびれてた。

 

きっと、ストロベリーか。

 

チョコレートのフレーバーだろう。

 

次女の好みはそんなところだ。

 

なんて思いつつ。

 

うちのダイニングはもう。

 

別の話題になってる。

 

俺は。

 

また、酒を呑んで。

 

次女の顔を眺めてる。

 

f:id:ishizawa369:20150820154641j:plain

茄子の炒め物をつまみながら。

 

また、ひと口。

 

特別純米を呑む。

 

ほろ酔い加減で、ふと思う。

 

大きめなアイスを食べることに。

 

特別感を抱くことができる。

 

そんな幸せ。

 

代わり映えの無い毎日。

 

映画のようなスペシャルな生活を。

 

しているわけではない、が。

 

こんな日々が一生続いたらいいのに。

 

俺は霧筑波の特別純米呑んで。

 

かみさんと娘たちが。

 

大きめのアイスクリームを食べる。

 

この飾らない。

 

が、繊細な純米酒の。

 

奥に在る深い味わい。

 

のような、さ。

 

そんな感じの生き方をしたい。

 

f:id:ishizawa369:20150820154714j:plain

夢、か。

 

特にこれといった夢もなく。

 

ただ毎日酒呑んでは。

 

気分よく酔いどれてるだけの。

 

そんな人生を送っている。

 

いっそのこと。

 

酔った勢いで。

 

大言壮語を並べて。

 

夢を語るのもいいか。

 

って、いったところで。

 

霧筑波専用の冷蔵庫欲しい。

 

とか。

 

娘の結婚式は霧筑波で鏡割りだ。

 

しか。

 

浮かばない。

 

まーいいや。

 

今日も酔っ払っちまったよ。

 

特別純米を呑み続ける日々。

 

キラキラと輝くプリズムのような。

 

そんな夢心地が俺を待ってる。

 

世界征服?

 

面倒くさいなー。

 

酒呑んでた方がいいや。

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・・★・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ★・・・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・★・・・ 甘

◇含み香:霧筑波フレーバー

絶品。呑んでみてください。

 

ibazake 安藤商店で購入