読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

月の井 ピュア茨城 純米吟醸 ひやおろし(月の井酒造・大洗町)

f:id:ishizawa369:20150929160811j:plain

アルコール分以外に。

 

思い出とか思い入れとか。

 

そういうのが詰まった酒ってのが。

 

このブログ書いてる酔っぱらいにも。

 

それなりにあって。

 

酒うめー、とか。

 

あー、気分よく酔っぱらったぜ。

 

なんてのだけでなく。

 

まー、エモーションってやつが。

 

酔いどれながらも。

 

徳利から猪口へ注がれる。

 

彼岸も過ぎて天高く。

 

この季節にぴったりの酒で。

 

月の井さん、今年もありがとう。

 

これからも醸し続けてください。

 

この酒を、ぜひ。

 

f:id:ishizawa369:20150929160705j:plain

月の井のピュア茨城のひやおろし

 

この酒がきっかけで。

 

俺は燗酒に目覚めた。

 

2年前。

 

いつもお世話になってる。

 

安藤商店のお師匠さんが。

 

然々のマスターに頼まれて。

 

ピュア茨城の呑み比べをテーマに。

 

まー、平たく言えば酒の会を。

 

プロデュースされて。

 

そこに参加させて頂いた。

 

そんときに呑んだのが。

 

この月の井のひやおろしの燗で。

 

その味わいの豊かさに。

 

思わず感動した。

 

っつう。

 

f:id:ishizawa369:20150929160724j:plain

なんでも燗でも、とりあえず燗酒。

 

っていう実験を繰り返すようになったのは。

 

その会を経てからで。

 

有り難いことに。

 

燗酒の面白さを知るきっかけとなった。

 

そんで、酒ばかりでなくて。

 

なによりも。

 

安藤さんとの話が楽しかったし。

 

また、他のサケノミたちに囲まれて。

 

ちなみに参加者のほとんどは。

 

然々のマスターのマブダチばっかで。

 

俺の親父ぐらいの年代だったのだが。

 

世代間のギャップを感じることなく。

 

なんか心地よい時間を過ごせた。

 

酒でつながる。

 

ってのは、そういうことだ。

 

そんな、よい思い出が詰まってる。

 

この一升瓶の中身には。

 

f:id:ishizawa369:20150929160628j:plain

もちろん、これからも毎年呑む酒で。

 

2年前の酒の会を思い出しながら。

 

この酒の旨さに酔いしれる。

 

今年の酒もばっちりうまい。

 

もちろん、燗にする。

 

今年もぬる燗が一番だったな。

 

冷酒&ひや呑みも悪くない。

 

熱燗にしたって構いやしない。

 

が、やっぱりぬる燗なんだ。

 

この磨かれた味わい。

 

然々に集まった酒呑み連中と。

 

お師匠さんとの思い出の酒。

 

で、俺の思い入れ以上に。

 

旨さが詰まってる酒だ。

 

 

あー、そうそう。

 

ちなみに、然々。

 

本当に心地よいカフェです。

 

www.zen-zen.jp

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・★・・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・★・・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・★・・・ 甘

◇含み香:澄みきった香り

今年もばっちり旨い酒。いろんな温度帯を呑み比べる楽しさがある。ベストはぬる燗だが、あれこれ試してみるとすごく面白い。超オススメです。

 

ibazake 安藤商店で購入