読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

来福 純米超しぼりたて生原酒 年のかけはし(来福酒造・筑西市)

来福

f:id:ishizawa369:20160106132737j:plain

茨酒の旅を始めてから。

 

元日に呑む酒は毎年。

 

来福の年のかけはしと決まってる。

 

予約受注の。

 

年末に搾った酒を。

 

すかさず宅急便で発送してくれて。

 

で、元日に届くっつう。

 

年をまたいでやってくる。

 

旧年と新年に架ける橋。

 

ちなみに毎年人気ですぐ予約が埋まる。

 

ので、安藤酒店で。

 

すかさずお願いしておいた。

 

f:id:ishizawa369:20160106132846j:plain 

うっすら滓が絡んでる。

 

マジで搾りたてって感じの酒。

 

比較的去年よりも滓が多めか。

 

注いだグラスに薄化粧。

 

ひと口呑んで。

 

親父さんと。

 

やべー、スイスイのんちゃう。

 

あぶねー酒だな、これ。

 

なんて言いつつ。

 

そんで気付けば。

 

大晦日に引き続き。

 

2人で1升空けちまうっつう。

 

f:id:ishizawa369:20160103173023j:plain

↑ 酒の説明書き

 

若干、くしゃくしゃになるのが。

 

我が家の恒例で。

 

一体誰が丸めるのか判らないが。

 

少なくとも俺以外の誰かが。

 

きちんと丸めてくれる。

 

お師匠さんの教えだと。

 

栓開けてから2日目以降がより旨い。

 

という鉄則がある酒だが。

 

教えに背くつもり全くなかったけど。

 

うっかり呑みきっちまった。

 

f:id:ishizawa369:20160103173102j:plain

来福の年のかけはしを三賀日とも呑んで。

 

旨くなっていくその酒を楽しむ。

 

という、品格のある正月を送ってみたかった。

 

が、仕方ない。

 

うめーだもん、呑んじまうよそりゃ。

 

ともかく。

 

来福さんのおかげで。

 

いろんなことについて。

 

ここ数年ツイてるというか。

 

大災もなく。

 

福があるなー、と。

 

マジで実感している。

 

f:id:ishizawa369:20160106132757j:plain

今年も福よ来い、なんつって。

 

縁起がいい酒にあやかって。

 

まー、ちまちまとブログ書いていきたい。

 

五百万石の本当に搾りたての酒。

 

スッキリとした味わいが基盤にある。

 

それでいて、とてもフレッシュな。

 

もぎたての果実を搾ったような。

 

そんな爽やかさ。

 

正月にしか味わえない。

 

そんな特別な酒。

 

今年もすげー旨かった。

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・★・・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・★・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・・・★・ 甘

◇含み香:リンゴ様のフレーバー

このしぼりたては抜群だ。

 

ibazake 安藤商店で購入