読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

武勇 純米吟醸 しぼりたて 直汲み(武勇酒造・結城市)

武勇

f:id:ishizawa369:20161126143538j:plain

しぼりたて/今年の新酒を/初搾り

 

酔っぱらうと。

 

どうでもいい句ばかり浮かぶ(笑)

 

まー、なんでもいいけど。

 

前回の前振りからして。

 

やっぱり、しぼりたてを。

 

吞んでやがる(笑)

 

なにせ。

 

武勇のしぼりたては。

 

しかも直汲みは特約店のみだぜ。

 

吞まなければならない。

 

毎年、楽しみにしてる酒だ。

 

28BY。

 

俺は。

 

毎年、武勇が開幕投手のような気がする。

 

f:id:ishizawa369:20161126143807j:plain 

直汲みってのは。

 

搾った酒を直接一升瓶に入れるってこと?

 

まー、何にしても特別なことに変わりない。

 

生原酒のボリューム感とフレッシュさに。

 

穏やかな香りと。

 

優しいコクもありつつ。

 

すっきりと纏まった味わい。

 

本来この酒が持っている爽やかさが。

 

絶妙にマッチングして。

 

今年の直汲みも旨かった。

 

趣味嗜好としては。

 

圧倒的に火入れに傾いているが。

 

年に一回、たまにこうして吞む。

 

新酒の生原酒も。

 

すごくいいな、と。

 

改めて思った。

 

f:id:ishizawa369:20161126143903j:plain

滓が底にうっすらと。

 

積もってるのを、そっと。

 

混ぜないように。

 

一升瓶のうえの方を。

 

コップに注いで。

 

だいたい8合ぐらいのんで。

 

残りの2合ぐらいは。

 

滓まじりにした。

 

安藤さんに教わった技で。

 

もちろん上層部の。

 

8合分も完璧なんだけど。

 

なるほど、最後の2合は。

 

お師匠さんの言うとおり。

 

すごく華やかでさらに旨かった。

 

f:id:ishizawa369:20161126143738j:plain

滓絡みだから、もちろんのこと。

 

若干、麹の香りが立つ。

 

武勇の麹の香りはすごく好きだな。

 

なんていうか。

 

下手な麹って発酵感がありすぎて。

 

なんとなく菌糸の伸びた。

 

キノコっぽく感じる(笑)

 

俺の感覚では、だけど。

 

そこいうと。

 

武勇の麹から感じるのは。

 

綺麗とか無垢とか。

 

すごく純粋な香りなんだよな。

 

毎年この酒呑んで確信する。

 

武勇さんの、今年の酒も。

 

旨そうだ、と。

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・・★・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・・★・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・・・★・ 甘

今年の新酒も抜群。

滓が絶妙な感じ。

 

ibazake 安藤商店で購入