読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

一人娘 立春朝搾り 純米吟醸生原酒(山中酒造・常総市)

f:id:ishizawa369:20170212183428j:plain

とにかく。

 

インフルエンザってのは。

 

2重に質が悪い。

 

643ゲッツー、ダブルプレー

 

みたいな感じ。

 

あーあ、やっちまったぜ。

 

っつう。

 

症状がシンドイのに加え。

 

回復しても。

 

しばらくうちで大人しく。

 

引きこもっていないとならない。

 

そんで、何より痛いのは。

 

かみさんの手前。

 

酒の吞むのもままならない。

 

そのもどかしさ。

 

いじやけっちゃうよ。

 

仕事したくてしゃーねーのに!

 

いやどうも!

 

酒吞むためにも、さ(笑)

 

ま、とは言っても。

 

よい機会なので。

 

溜まったブログ記事書いてる。 

 

f:id:ishizawa369:20170212183408j:plain

この酒は皆さん既にご存知だと思うが。

 

今年も立春に有り難く戴いた酒。

 

って、吞んだらすぐに。

 

記事にしねっちゃあんめ、っつう。

 

バチあたりだかんね。

 

本当に神様に申し訳ない。

 

ちなみに。

 

今年に限っちゃ。

 

節分と立春を混同して。

 

3日の節分の日に、だ。

 

立春朝搾りやってる酒屋へいく始末。

 

全く暦に関しちゃかなり弱い。

 

ま、そんなこんなで。

 

仕切り直して。

 

気合いを入れてだ。

 

立春の日の開店と同時に。

 

酒屋へ行ったら。

 

酒が届くのがお昼過ぎになるって話で。

 

「いやー、どうもすみませんねー」

 

「いや、かえってどーも」

 

「何度も足運んでもらっちゃってー」

 

「うぢちかいからだいじです」

 

なんて感じで、みたび仕切り直し(笑)

 

どうも立合いが悪い。

 

そんで午後にまた酒屋へ。

 

三度目の正直で酒を買って帰った。

 

f:id:ishizawa369:20170212183445j:plain 

もちろん縁起物っていう。

 

験担ぎもあるが。

 

純粋にこの酒の味が好きで。

 

毎年楽しみにしている。

 

60%精米の。

 

純米吟醸の生原酒。

 

去年までの酒に比べると。

 

今年の酒は。

 

吟香が穏やかめな印象。

 

派手な感じはしないが。

 

しぼりたての瑞々しさ、と。

 

フレッシュさが溢れ。

 

十分に華やかさはある感じ。

 

それに加え。

 

しっとりとした旨さがあって。

 

なかなか綺麗に纏まってる。

 

今年の酒もいい感じだった。

 

f:id:ishizawa369:20170212153110j:plain

しかし。

 

毎年思うけど。

 

この企画。

 

大変な作業なんじゃないのかな?

 

って、いう。

 

この日に搾りを合わせなきゃならない。

 

杜氏さん泣かせだし、な。

 

酒販店さんも朝早くから大変だし。

 

俺が、2回酒屋に行くくらい。

 

なんちゃねーよ、っていう。

 

そういうパワーが詰まって。

 

しかも。

 

神様のお祓い付きだから。

 

マジありがたい。

 

瓶の中を覗くと。

 

今年もラベルの裏には。

 

「大吉」の文字がある。

 

嬉しいよな、こういうの。

 

来年もひとつ。

 

この酒が吞めますように。

 

今年一年無病息災でもって。

 

インフルエンザにはなったが。

 

大病を患うことなく酒が吞めますように。

 

かしこみかしこみもうす。

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・★・・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・★・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・・★・・ 甘

今年も戴きました。美味しかったです。