読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

武勇 超辛口生酛純米(武勇酒造・結城市)

f:id:ishizawa369:20170222083353p:plain

武勇の下にくっつかってる。

 

「酒蔵」っちゃなんだっぺ?

 

と、未だ答えが見いだせない。

 

そりゃ、武勇酒造がだ。

 

酒蔵だってのはよーく知ってる。

 

そういうことを言ってるのではなく。

 

「武勇酒蔵」っていう四字熟語は。

 

一体何を意味するのか?

 

というのが気になる。

 

「武勇は酒蔵」なのか?

 

「武勇の酒蔵」なのか?

 

「武勇 de 酒蔵」?

 

ありえるかも。

 

なんか井上陽水的なセンスなのか?

 

「♫ ホテルはリバーサイド」 

 

「川沿いリバーサイド 🎶」

 

まー、まさか川沿いだっぺよ、そりゃ…。

 

みたいな感じ。

 

「♬ 誰も知らない夜明けが明けたとき」

 

って、頭痛が痛い(笑)

 

「昼寝をすれば夜中に ♪」

 

「♬ 眠れないのはどういうわけだ」

 

…当たり前だろ?(笑)

 

f:id:ishizawa369:20170221133659j:plain 

ま、ひとまずその辺の議論は置いといて。

 

酒について。

 

この酒の最大の特徴は。

 

「超辛口」で間違いないと思う。

 

それと「生酛」ってキーワードも大事か。

 

超辛口っていうぐらい。

 

かなり甘味を抑えた味わい。

 

甘味を削り落としたって感じもする。

 

辛口とかいってっけど、あめーかんね。

 

なんて、さ。

 

まー、基本日本酒ってのは。

 

多かれ少なかれ甘味はあるもんだが。

 

この酒は、本当に甘くない。

 

実際。

 

一般的に言って、だけど。

 

甘さがほとんどないってのも。

 

やっぱり酒としては。

 

味わいのバランスを崩しかねない。

 

と、思う。

 

が、この酒の凄いところは。

 

甘さがないにもかかわらず。

 

喪失感がないっていうか。

 

まー、簡単に言えば。

 

甘くねーな、ぐらいで。

 

しっかり旨さを感じられる。

 

それはまるで上質な赤ワインのようだ。

 

っていうか、さ。

 

ま、普通に。

 

普通に?

 

いや、すげー旨いじゃん!

 

と、思える味わい。

 

ってところだ。

 

f:id:ishizawa369:20170221133722j:plain

生酛っていうキーワードは。

 

複雑さ、野性味、だの。

 

腰が強く、コクがあり。

 

濃醇で燗酒向き。

 

なんていう。

 

ひっくり返して裏を読むと。

 

少々雑味やクセがあるけど。

 

それが、き・も・と。

 

的な感じがする。

 

まー、そうなのかもしれないけど。

 

新政やら仙禽とか。

 

それこそ、菊正宗やら大七だって。

 

酒質は違えども雑味だの。

 

変な香りとかクセってのが皆無だってのは。

 

皆さんよう知っとるであろう、と。

 

そんで、武勇の生酛も。

 

もちろんそういう部類の酒だ。

 

すごくクリアな味わい。

 

一点の曇りもないね。

 

綺麗に綺麗に醸された酒。

 

f:id:ishizawa369:20170221133543j:plain

そういや。

 

茨酒で新政酵母ってのは珍しい。

 

まー、茨城で6号っていえば。

 

誰もが思い浮かべるのは。

 

ろっこく(国道6号線)っていう(笑)

 

原チャリでろっこくはおっかねーどな。

 

さらけっちったっけどーすっぺ?

 

まー、どうでもいいか(笑)

 

6号酵母の茨酒を吞むのって。

 

初めてかもしれない。

 

ちなみに。

 

6号酵母使ったのって。

 

新政へのオマージュか?

 

とか、ちょっと勘ぐるが(笑)

 

確実に。

 

狙いの酒質にあったチョイスだろう。

 

f:id:ishizawa369:20170221133454j:plain 

優しげなふんわりとした香りと。

 

爽やかで刺のない酸味。

 

酵母の特性がきちんと出ている。

 

そんで、生酛による力強い発酵が。

 

旨味の幅を広げ。

 

豊かな味わいを醸し。

 

かつ、高アルコール度数を産み。

 

と、同時に日本酒度が。

 

思いっきりプラスに偏れて。

 

そんで、超辛口へ。

 

そんな感じ?

 

ほんとうはよくわかんないけど(笑)

 

ともかく。

 

そうやって、俺のうちにやってきた。

 

一升瓶に詰まった酒は。

 

本当に旨い酒で。

 

冷酒〜燗までどれでもいける。

 

もの凄く整った綺麗な味わいだし。

 

宝塚の男役みたいな感じ。

 

そんでマジ抜群のキレ。

 

からくちのさけを吞むと〜

 

じゃないけど。

 

アテを選ばない超万能な酒。

 

やっぱり俺は武勇酒蔵 ♫

 

って、すぐパクる(笑)

 

f:id:ishizawa369:20170221133932j:plain

ラベルの話に戻るけど。

 

どうせ武勇の下に。

 

なんかくっつけるのなら。

 

もうこの際バシッと、さ。

 

逃げも隠れもせず。

 

王道でやったらかっぺよ、と思う。

 

やっぱ「伝」しかないよな。

 

「武勇伝」

 

だろうな、やっぱり(笑)

 

オリラジに持たせて、さ。

 

デンデンデデンデンレッツゴー。

 

まー、ベタすぎて、だ。

 

正直、すげー恥ずかしいけど。

 

トコトンやりきれば。

 

あっちゃんじゃないけど。

 

返ってカッコいいと思う。

 

I will follow you

 

あなたについていきたい

 

って感じ。

 

はい、すいませんでした(笑)

 

いや、しかし。

 

今回の記事もすげー長げーな。

 

ま、文字の数だけ抱きしめて。

 

武勇の酒を、さ。

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・★・・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・★・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ★・・・・ 甘

シャープでキレのよい辛口の旨酒。

すげー旨い。

 

ibazake 安藤商店で購入