読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

彦市 純米酒(月の井酒造・大洗町)

f:id:ishizawa369:20170227213610j:plain

吞む吞む言いながら。

 

だいぶ経ってしまったが。

 

やっと、彦市を吞むことができた。

 

まー、酒吞むのに義務もなにも、さ。

 

無いんだけど(笑)

 

実は、八代目の直彦さんに。

 

良くして頂いたことがあって。

 

もう、完璧に月の井の大ファンに、さ。

 

なったっちゅう訳で。

 

ちょいちょいで申し訳ないながらも。

 

それこそファンだからさ。

 

コンスタントに。

 

月の井さんの酒を吞みたいな、と。

 

で、なにせ。

 

八代目渾身の酒っていったら。

 

彦市だから。

 

これはもう外せないんだ。

 

f:id:ishizawa369:20170227213631j:plain

いつか、大洗で。

 

旅館に泊まってさ。

 

街をぶらぶら歩きながら。

 

みつだんごやら焼きそば食って。

 

そんで、月の井酒造に行って。

 

ガルパンと八代目のパネルの、さ。

 

間に挟まれながら、記念撮影して(笑)

 

ちゃんと彦市を仕入れて。

 

宿に持ち込んで吞みたいな。

 

と、結構真剣に思っている。

 

大洗の宿の料理ときたら。

 

まー、豪勢で。

 

それを肴に、さ。

 

彦市吞めたらそれこそ。

 

超贅沢だな、と。

 

酒粕アイス?

 

娘にでも買ってやろう。

 

f:id:ishizawa369:20170227213804j:plain

地元と共に在り続ける酒。

 

それが月の井酒造であり。

 

その結晶のひとつが、さ。

 

彦市。

 

だと思う。

 

大洗を大切に思う。

 

そういう気概でもって、さ。

 

地元で栽培された。

 

千代錦をつかって醸す。

 

まさに大洗の酒。

 

それを若い八代目が。

 

先頭きってやってるってのが。

 

また、グッとくるんだ。

 

f:id:ishizawa369:20170227213839j:plain

大洗の旨いもんが、そりゃね。

 

もちろん一番だろうけども。

 

その辺に売ってる漬物やら。

 

豆腐だの、焼き魚で。

 

まー、十分だったりもする。

 

刺身があったら、もう上等だ。

 

何にでも合う酒だし。

 

彦市呑むと。

 

ありきたりなものでも。

 

いつも以上に旨く感じさせてくれる。

 

そんで。

 

かみさんの料理があれば。

 

もう、何にも要らなくて。

 

うちでほっこりと呑むとしても。

 

彦市に限るね。

 

とは、言え。

 

やっぱり大洗で呑みたいな(笑)

 

今年はそれを目標にしよう!

 

f:id:ishizawa369:20170227213531j:plain

熟成感のある香りの奥に。

 

所謂バナナ様のフレーバー。

 

ピンで吞むと、結構香りが高い。

 

が、魔法的なのは。

 

なんかツマミながら吞むと。

 

ちっとも香りが気にならない。

 

うえに、どんなものにもマッチする。

 

そんで、程よい酸味。

 

からの、旨み。

 

さらに、抜群のキレ。

 

料理の輪郭を際立たせるっていうか。

 

より引き立たせる感じ。

 

真澄酵母を上手に使いこなしている酒の。

 

非常に優れた実例だ、な。

 

もちろん、燗もいい。

 

この、酒。

 

実に旨いんだ。

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・・・★・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・★・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・★・・・ 甘

彦市、最高。

 

ibazake 安藤商店で購入