茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

二才の醸(青木酒造・古河市)

f:id:ishizawa369:20190417154018j:image

青二才の青をとって。

 

二才の醸になったそうで。

 

青木酒造なだけに。

 

青とるのは勿体無いような気もするけど。

 

いつもは、御慶事造ってる。

 

青木酒造のかわいい娘さん、と。

 

その仲間たち。

 

筑波大の学生さんら、が。

 

要は青二才な、二十代の若者たちが。

 

丹精込めて仕込んだ酒、っていう。

 

f:id:ishizawa369:20190417154421j:image

若者が醸した酒にしては。

 

及第点なんじゃないのかな。

 

いや、結構旨いし。

 

慶事な雰囲気がある酒。

 

SYS酵母できれいめにまとめた感じがする。

 

香りは抑えてあって。

 

やっぱりふくまるだから?

 

純米吟醸ひたち錦のような感じではない。

 

に、してもSYSらしい感じが漂う。

 

味わいはすっきりしていて。

 

甘さもあり、軽めですごく呑みやすい。

 

f:id:ishizawa369:20190428171655j:image

青木酒造はいい感じだ。

 

若者が勢いよく飛び出して。

 

で、箭内杜氏たちベテラン勢が固めてる。

 

人が醸し出す、魔法みたいなものがある蔵だ。

 

安藤商店で購入