読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

月の井 夏純米(月の井酒造・大洗町)

f:id:ishizawa369:20150727144417j:plain

あー夏休み。

 

なーんつって。

 

ヘラヘラと。

 

適当な文章綴る俺だけど。

 

変に意固地なところもあって。

 

夏酒に関しちゃ、もう。

 

ヘンテコな頑固爺よりも。

 

うっさくて喧しい30代だ。

 

青臭い?

 

の、かもしれない。

 

餓鬼っぽい?

 

まー、いいや。

 

なにせ、この酒。

 

若干気に入らないことに。

 

5月にリリース。

 

皐月、May だ。

 

鯉幟が屋根より高く泳いでる。

 

菖蒲湯に浸かって。

 

粽でも食って、背比べして。

 

ついでに柏餅が大好きな。

 

うちの長女の誕生月だし、さ。

 

五月に夏日。

 

異常気象だ?

 

だったとしても、完璧に。

 

夏じゃねーだろうよ、っつう。

 

早過ぎる。

 

f:id:ishizawa369:20150727144523j:plain 

月の井の夏純米が旨いに違いないのは。

 

なにせ去年のこの酒が旨くて。

 

しかも今年の月の井はどれもこれも。

 

抜群だから、さ。

 

呑む前からよーく分かるんだけど。

 

まー、季節無視なところが。

 

ちょいと許せずに。

 

理由ありの反抗。

 

夏酒なんだから。

 

暑いときにこそ呑みたいし。

 

敢えてリリース直後には呑まず。

 

今の今まで知らんぷりし続けた。

 

けど、馬鹿なのは俺で。

 

5月に一旦呑んでおいて。

 

そんで5月のみならず6月にも1本。

 

都合、余計に2本ぐらい。

 

呑むべき酒だったな、と。

 

後悔してる。

 

f:id:ishizawa369:20150727144456j:plain 

あー夏休み。

 

夏の数だけ。

 

夏酒を。 

 

It's all right.

 

呑んだっていいんじゃない。

 

これは、旨い。

 

去年の夏純米を遥かに凌ぐ。

 

三千円切ってるなんて信じられない。

 

すごくいい酒だなー。

 

売れ行き抜群なのも頷ける。

  

生詰の澄んだ風味。

 

穏やかな香りが好感度を上げて。

 

美山錦らしい清涼感が。

 

完璧に引き出された感じで。

 

去年の印象よりも。

 

磨かれた淡麗さと。

 

甘味を抑えたすっきり感が。

 

堪らない。

 

にしても、だ。

 

美山錦っつうと。

 

もっと苦渋感があるのだけど。

 

あれ?美山錦だった?

 

って、思っちまうくらい。

 

苦渋を抑えてある。

 

だもんで、ひっかかりがなく。

 

呑みだしたら止まらない。

 

そんな旨さがある。

 

冷え冷えもよし。

 

若干温度の上がった。

 

15℃前後が抜群。

 

やばい。

 

f:id:ishizawa369:20150727144325j:plain 

んな、わけで。

 

今年はだいぶ損しちまったかな?

 

ので、来年は5月に出ても。

 

素直に呑むんだ。

 

もちろん、何本か買って。

 

夏本番までストックするけど。

 

意固地な酒はよくない。

 

そういうところに目くじら立てるべき?

 

考えようによっちゃ。

 

江戸っ子なんて。

 

初モノ競争するのが粋なんだから。

 

まー、いいか。

 

俺は江戸っ子じゃないし。

 

ともかく、大事なのは。

 

こんな旨い夏酒は。

 

そうはないね、ってところか。

 

さて、気がつけば。

 

高校野球の予選も幕を閉じ。

 

霞ヶ浦高が悲願の初優勝。

 

来年も、さ。

 

甲子園の切符が切られる頃に。

 

また、この酒を呑むんだ。

 

おっと!

 

そうだ。

 

梅雨の前にも呑まなきゃな。

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ★・・・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・★・・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・★・・・ 甘

◇含み香:純米生詰らしい澄んだ風味

今年の夏酒は秀逸だ。梅雨前から呑んでおくべきだった。

 

ibazake 安藤商店で購入