読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

彦市 純米酒(月の井酒造・大洗町)

f:id:ishizawa369:20150907204548j:plain

水戸を離れて東へ三里

 

波の花散る大洗

 

に、ございますは。

 

月の井酒造の新ラインナップ。

 

その名も「彦市」。

 

代々、月の井さんでは。

 

蔵元さんが彦市っていう名前を。

 

襲名する習わしらしく。

 

今年から8代目が跡継いだから。

 

それにちなんで出された酒。

 

である。

 

まー、よくありがちな話だが。

 

ただ、月の井さん。

 

マジやばいくらいいいぜ。

 

ココ揺さぶれヴァイブレーション。

 

酒呑むとわかる。

 

若い蔵元さんを筆頭とする。

 

月の井酒造の気合いっちゅうか。

 

魂を感じる。

 

あー、つまりは。

 

すんげーうめーぞ、と。

 

言いたい。

 

ハーサイショネ

 

f:id:ishizawa369:20150907204639j:plain 

火入れの純米酒

 

酒米は千代錦。

 

地元産、しかも大洗ってのがよい。

 

そうでなくちゃ。

 

どんな酒か?

 

穏やかな日本酒らしい香り。

 

いい感じに酸味の効いてる味わい。

 

若干辛めか。

 

全体的には。

 

旨味とすっきり感が絶妙な印象。

 

まー、何にでも合う酒。

 

そんな感じで。

 

ついつい後引く、っつうか。

 

コップが空になると。

 

うーん、もう少し呑んどく?

 

っていう、酒。

 

こういうのがベストなんだよな。

 

f:id:ishizawa369:20150907204600j:plain

ひこいちっていうと。

 

真っ先に思い浮かべるのが。

 

スラムダンクのひこいちで。

 

あの、要チェックやーっていうさ。

 

悪いけど、スラムダンク大好きなんだ。

 

それから。

 

仙台にある甘味処の彦いち。

 

これは誰も知らないだろう。

 

昔、かみさんとよく行った思い出の店。

 

ずんだ餅、うまかったなー。

 

おっと、どうでもいいか?

 

なんとなく。

 

彦市っていう名跡に。

 

自然と親近感がある。

 

f:id:ishizawa369:20150907204536j:plain

大洗の波と太陽。

 

を、イメージしたラベルらしく。

 

うん、いい感じ。

 

月の井さんは。

 

先々代が若くして亡くなって。

 

奥さんが蔵元継いで。

 

それはもう苦労されたって話で。

 

8代目の襲名をそれこそ、さ。

 

念願どころか。

 

祈願に近いもんだったんだろう。

 

よかったねー。

 

これからも。

 

旨い酒を醸してくれるに違いない。

 

そんな蔵だと、そう信じてる。

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・★・・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・★・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・★・・・ 甘

◇含み香:綺麗な日本酒の香り

真澄酵母を巧くつかって、綺麗な酸味をアクセントにしている。呑み飽きない絶妙な旨さがある。絶品だね。

 

ibazake 安藤商店で購入