読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

彦市 純米無濾過生原酒 荒走(月の井酒造・大洗町)

f:id:ishizawa369:20170213222206j:plain

去年の、彦市荒走の記事から。

 

キッチリ1年を経て。

 

ibaraki-jizake.hatenablog.com

 

ガールズ&パンツァーが。

 

戦車道とか言って。

 

剣道的な?

 

よくわかんないけど、スポーツ的な?

 

そんな戦車全国大会での優勝を目指す。

 

そういう青春ものだ、ってとこまでは。

 

知ることが出来たが。

 

正直、それ以上は興味が湧かないので。

 

残念ながら。

 

未だアニメ自体は見たことがない。

 

が、大洗の街中にあるパネルとか。

 

茨城交通のバスに描かれた。

 

大洗女子学園の生徒はよく目にしている。

 

その都度思うのは。

 

スカート短すぎるぜ、っつう。

 

茨城では。

 

ぶっちぎりで。

 

不良な学校に指定される短さだ。

 

f:id:ishizawa369:20170213222222j:plain

ガルパン好きな奴に。

 

やっぱ、スカートが短いのがいいのか?

 

と、訊いたら。

 

ちょっと何言ってるかわからない。

 

そんな答えが返ってきて。

 

ま、結局のところ。

 

そんなフシダラな女子高生なんかよりも。

 

圧倒的に俺が好きなのは酒の方で。

 

ガルパンのメッカ。

 

聖地大洗っていえば。

 

俺には、月の井っつう(笑)

 

そんでもって、彦市の荒走。

 

これに尽きる。

 

f:id:ishizawa369:20170213222250j:plain

季節限定の。

 

ちょいおりがらみな。

 

フレッシュな酒。

 

彦市ファンとしちゃ。

 

もう、外せない酒。

 

大洗産の千代錦を。

 

真澄酵母で醸した酒。

 

特徴は酵母の特性でもある酸味か?

 

穏やかに、さりげなくそれが効いてる。

 

酸味がちゃんとあるにせよ。

 

決して「酸っぺーなこれ!」

 

なんてのを感じさせない。

 

この絶妙な塩梅が。

 

物凄く爽やかな印象を与えてる。

 

完璧、だぜ。

 

f:id:ishizawa369:20150907204548j:plain

ぶっちゃけ言うと。

 

火入れの彦市がすごく好きだから。

 

勿体無いから、さ。

 

原酒で出さないでくれよ。

 

なんて思ってたけど(笑)

 

いや、それは間違ってた。

 

この原酒、すごく旨い。

 

彦市も造りが3期目?

 

だっけ、か?

 

ともかく、毎年。

 

ぐっと洗練されていくイメージ。

 

このバランスの良い。

 

均整のとれた味わい。

 

深く沁みるね。

 

f:id:ishizawa369:20170213222222j:plain

コップに注いだ原酒を。

 

ふた口ぐらい、そのまま呑む。

 

そんで、呑んだぶんを。

 

ミネラルウォーターでうめっちゃうんだ。

 

原酒はふた口で満足。

 

その辺は俺の好みだし。

 

わざわざ原酒で出してくれてる。

 

蔵元さんにも悪いから。

 

オススメはしないけど。

 

割水すると、更にいい感じになる。

 

安藤さんが仰ってたように。

 

ミネラルウォーターじゃなくて、本当は。

 

蔵の仕込み水なら申し分ないんだけどな。

 

f:id:ishizawa369:20170213222427j:plain

この酒に関しちゃ。

 

フレッシュさは決して。

 

派手さを意味しない。

 

生原酒ゆえの華やかさはあるにせよ。

 

基本は。

 

所謂、落ち着きのある。

 

爽やかな。

 

抑制の効いた。

 

酢イソ系の。

 

と、形容される感じ。

 

このさりげなく。

 

いぶし銀な味わいが。

 

本気で、惚れる。

 

こんないい酒なかなか出会えない。

 

ちっとも呑み疲れしないし。

 

飽きがこないんだ。

 

昼過ぎには。

 

思わず、晩酌のことを考えちまう(笑)

 

なんちゅうか。

 

ハマる、っつうさ。

 

f:id:ishizawa369:20170213222322j:plain

一見、地味な酒かもしれないが。

 

呑むほどに奥深さを感じる。

 

本当に虜になるのはこういう酒だ。

 

しかし、さ。

 

直彦さん、若いのに。

 

フェラーリみたいな(笑)

 

ど派手な吟醸を目指さないのが。

 

すげーかっこいい。

 

ただ、ハートは、さ。

 

地元産の米に拘ったり。

 

ギンギラギンに。

 

情熱を感じるんだ。

 

f:id:ishizawa369:20170213222719j:plain 

彦市。

 

いい酒だよなー。

 

なんて言いながら。

 

昨期の、27BYを。

 

まだ呑んでない、っつう(笑)

 

全くその辺が。

 

口だけ野郎なわけで。

 

どーしようもないんだけど。

 

去年の酒を追い越して。

 

新酒呑んでる、っつう。

 

坂本さん、マジすいません。

 

次回こそ。

 

彦市火入れの登場!

 

乞うご期待!

 

って、俺が一番楽しみだったりする(笑)

 

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・・★・・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・・★・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・・★・・ 甘

本当の意味で普遍的な酒。

 

ibazake 安藤商店で購入