読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

一品 初しぼり にごり酒(吉久保酒造・水戸市)

f:id:ishizawa369:20131210203856j:plain

昨シーズン呑みたいと思いながら、

結局呑めずに終わった酒。

 

何故かというと。

 

初めて呑む酒だし、

ブログ更新のペースアップのため、

四合瓶が欲しいと思ってたのだが。

 

いつでも買えるだろうとタカをくくり、

他の酒を優先的に買ってしまい、

気付くと酒屋に一升瓶しか残っておらず。

 

一升はちっとなーって尻込みしてたら、

結局店頭から無くなってた、と。

 

まー、そんな感じで。

 

今シーズンは絶対呑むぞ、と。

出荷情報をキャッチして、

早速買ってきた次第である。

しかも、あえて四合瓶を探して。

 

f:id:ishizawa369:20131210204014j:plain

味わいはなかなかサッパリしている。

にごりにしてはかなりスッキリ目。

 

ちなみにこの酒も本醸造タイプ。

アルコール度数17度。

 

この17度ってのが曲者で。

僕は結構酔っぱらってしまう。

正直言うと15度当たりがベスト。

 

たった2度の違いが割と大きくて、

全然酔っぱらいかたの質が変わる。

 

なんかで読んだことがあるけれど、

酒が発酵していく過程で、

アルコール度数が15度超えると、

酵母菌はどんどん死滅してくらしい。

 

僕は酵母菌に似ているのかもしれない。

 

開けたてはアルコールの香りがした。

が、一日経つとそれも抜けて。

 

まるで梨のようなフレーバー。

心地よい甘味。

しつこさやくどさもなく。

下手な酒にあるような酒粕の嫌味がない。

 

オリは多めだがさらさらしている。

ので、重たさは感じない。

 

アルコール高めに設定しているのは、

その辛味でキレを演出する狙いか?

そんな感じの酒である。

 

なかなか美味しい酒だ。

次は一升瓶で買ってこよう。 

 

f:id:ishizawa369:20131214141059j:plain

四合瓶は味見用とよく言われる。

確かにな、と思う。

 

そんな四合瓶の良さは何か?

ブログの更新が捗るっていう、さ。

 

一升瓶は呑みきるまで一週間かかる。

僕の肝臓とサラリーからすると、

そんぐらいのペースが丁度良い。

健康と家計を保つ秘訣はそんなとこだ。

 

ので、一升買いはブログの更新が遅くなる。

 

僕にもっとアルコール分解酵素と、

贅沢出来るだけの稼ぎがあればよいのだが。

 

もしくは、

酒をシェアする呑みトモがさ、

近くにいればよいのだが。

 

日本酒好きの呑み友だちが、

今のところ一人しかいなくて。 

 

その唯一の日本酒呑みトモは、

僕の親父さんなんだけど。

 

なにせ、さ。

ウチと実家は車で一時間の距離だから、

毎日というわけにはいかないので、

ちっとなー、っていう。

 

まぁ、両親と一緒に住んで、

毎日親父さんと酒呑んだとすると、だ。

 

確かにブログ更新は捗るけれど、

お袋さんとかみさんに、

トコトン怒られて、さ。

虐げられること間違いない。

 

ので、今のペースが丁度良いと思ってる。

 

更新楽しみにして下さってる方には、

大変申し訳ないですが。

 

f:id:ishizawa369:20131210203834j:plain

僕としては、

茨酒の旅を10年ぐらいかけて、

完結させていこうかと。

もちろんその先も続くだろうが、

そんなスパンで考えている。

 

呑気なのです。

 

【メモ】

◇香りの高さ:控 ・★・・・ 高

◇味の濃淡さ:淡 ・★・・・ 濃

(注)香・味はにごり酒基準。実際は濃いめ。

◇甘味:★★

◇とろとろ感:★★★

◇しゅわしゅわ感:なし

◇含み香:梨っぽい感じ

かなりスッキリしてるにごり酒。好みである。