読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茨城の地酒を呑む

茨城の地酒(日本酒)を紹介。茨城は水戸黄門以外にも沢山の魅力があります。

武勇 かすみ酒(武勇酒造・結城市)

f:id:ishizawa369:20150510194857j:plain

武勇の春酒、蔵の旬、かすみ酒。

 

春霞のような。

 

薄にごりの酒で。

 

これも外すことができない。

 

毎年必ず呑む茨酒。

 

っていうと、もう10年呑み続けてるぜ。

 

みたいな、雰囲気を醸し出してるが。

 

実は、去年初めて呑んだっつう。

 

思いっきり、かすみ酒ビギナーでして。

 

f:id:ishizawa369:20150510194808j:plain

大吟醸純米吟醸の滓酒を。

 

ブレンドしてる生酒で。

 

そりゃ、もちろん。

 

旨いに決まってる。

 

大吟の華やかな香りと純吟の澄んだコク。

 

その辺の塩梅が絶妙で。

 

綺麗な吟醸香と爽やかな味の広がり。

 

甘い雰囲気の中にも辛さもあって。

 

完璧な美酒、だな。

 

f:id:ishizawa369:20150510194828j:plain

パブリックな武勇のイメージは。

 

「濃さ」だと思う。

 

濃醇な、旨味。

 

辛口純米あたりの、さ。

 

そこからすると。

 

かすみ酒は逆行ってる感じで。

 

果実味溢れる爽やかさが。

 

先ず、心を捉える。

 

そして、きちんと磨かれた。

 

ライトなようでいて。

 

きちんと呑みごたえのある。

 

ミディアムボディが余韻に残る。

 

濃くてうめーなー。

 

っていうよりは。

 

なんていうか、上品で美味しい。

 

そんな酒。

 

f:id:ishizawa369:20150510195010j:plain

だからと言って。

 

ワイン好きにはたまらない、みたいな。

 

そんな酒ではない気がしている。

 

もちろん。

 

あまり日本酒得意じゃない人でも。

 

スッと呑めちゃう酒だけど。

 

あくまでこれは日本酒だな、と。

 

武勇が醸すのはワインではなく。

 

日本酒なんだよなー、と。

 

米の果実感。

 

何言ってんだろう?、こいつ。

 

と、思われるだろうが。

 

やっぱり、米とフルーツは親戚だと。

 

そう感じさせてくれる酒。

 

f:id:ishizawa369:20150510194616j:plain

生酒らしさが全開で。

 

日替わりで味わいのバランスが。

 

結構変わるのが面白い。

 

いずれにしても美味しいのは不変。

 

今日は香りが立つなー、とか。

 

丸いなー、なんて日もあり。

 

若干苦酸が出ていいアクセントだな、とか。

 

この一升瓶との付き合いには。

 

全く飽きがこない。

 

が、いかんせん。

 

一週間も、もたない。

 

だって、美味しいから、さ。

 

【メモ】

◇香りの高さ:穏 ・・・★・ 華

◇味の濃淡さ:淡 ・・★・・ 濃

◇甘辛の印象:辛 ・・・★・ 甘

◇含み香:果実のような吟醸香

武勇の春酒。とても上品なうすにごり。抜群。

 

ibazake 安藤商店で購入